小児科看護師求人

小児科で働きたいと考えている看護師さん

小児科で働きたいと考えている看護師さんもいると思いますが
今現在、小児科での求人倍率は高いようですから
スムーズに小児科の看護師になるためには

 

それなりのスキルがあるか、
またはうまく看護師求人などの看護師人材紹介会社をつかい
情報をあつめて、上手に就職すること
このような条件がそろうと、うまく小児科で働くことができるようです。

 

日本は少子化だから、小児科を縮小する病院もあるようで
そして小児科の医師を目指す人も減ってきているよです。
だから、余計に小児科の求人倍率もあがってしまうようですね。

 

それにしても、小児科を希望する看護師さんの理由はなんなんでしょう?
やはり子供が好きだからと希望する人もいると思いますが
それだけでは務まらない感じです。

 

小児科はというのは、生まれたての赤ちゃんから15歳までの子供が対象になります。
小さな子供さんが患者さんである場合は、
どうコミニュケーションをとるかが重要なようです。

 

まだ話せない、話がわからない状態ならなおさら、
体調の変化をどの状態で気付いてあげられるのかなど
患者さんとそして患者さんの親と接することで見つけていく仕事も含まれます。

 

やはり子供相手の仕事になりますから、
子供の親とのかかわりも深くなる仕事になるようです。

 

また入院となれば、子供たちの心のケア(ストレスや不安など)の緩和など
そういったスキルも必要となってきます。
そして、親に症状の説明や今後の治療の方針に関わる情報提供も。
ですから主に子供、親、両方のコミニュケーションスキルがいるわけなんです。
また、子供は急変しやすいといったこともあげられ、素早い対応も求められます。

 

子供が好きってことは必要な面だと考えられますが
その気持ちプラスやはりスキルを磨きも大切です。

 

小児科の求人は最初にお話ししたように倍率が高く、
しかも求人情報は非公開の情報が多いようです。

 

ですから、自分で探すことは難しいかもしれませんね。
やはり看護師求人を専門に扱う会社に
登録しておくと非公開情報を知ることもできるから
多くの人がそういった人材紹介に登録したりしているようです。

 

未来がある子供たちの治療にかかわる仕事は
大変だけどやりがいがあると感じている看護師さんも多くいて
病院によっては離職率が低いところもあるようですから、
小児科転職は難しい状況であると考えられるようです。

 

私にも子供がいます。
入院したことがありますが、幸いにも地域のお医者さんそして救急対応してくれた
病院の受け入れ体制もすばやく、家の近くの病院に運よく入院できました。

 

入院した時はとても心細く、子供が小さいと何かと動きますから
よく夜中に点滴のコールがなりました。
そんな時も優しく接してくれた看護師さんの対応は心にしみるものがありました。

 

自分の体験からするとやっぱり親子どもども安心できる看護師さんがいいなーと感じます。
小児科の看護師さんになりたい人、がんばってくださいね。